ゆうちょ銀行住宅ローン

ゆうちょ銀行「夢舞台」フラット35の特徴は?

こちらでは、ゆうちょ銀行の住宅ローンである「夢舞台」のフラット35についてご紹介したいと思います。

 

 

フラット35とは...

 

住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している、長期固定金利住宅ローンです。

 

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行の住宅ローンの代理店業務を行なっています。

 

従って、ゆうちょ銀行にフラット35を申し込むと、スルガ銀行と住宅金融支援機構が提携したフラット35で住宅ローンを組むことになります。

 

フラット35のメリットは、その名の通り、最長35年の長期にわたって、金利がフラット(変化しない)ということです。

 

住宅ローンの返済は、一般に長期間になりますので、ローン返済期間中に金利が上昇すると、月々の返済額が増えることになります。

 

そのような場合、低金利状態で長期固定金利にしておくと得する場合があります。

 

しかし、将来の金利がさほど増加しない場合には、長期固定金利の方がかえって多くの金利を支払う可能性もあります。

 

 

フラット35には、「買取型」と「保証型」という2種類のローン方式がありますが、ゆうちょ銀行を介するフラット35は買取型です。

 

住宅金融支援機構が融資の債権を買い取って、債権を信託したものを証券化し投資家に発行しています。

 

このような仕組みで、比較的低い金利で長期固定ローンが可能になりました。

 

名前こそ、「夢舞台」のフラット35となっていますが、フラット35には独自の要件があり、スルガ銀行が独自に提供している「夢舞台」の基本プランとは基本的には別物といっても過言ではありません。

 

まず、融資を受けられる基本的な条件は、下記のすべてを満たしていることです。

申し込み時点で70歳未満の人
支払い完了時点で80歳未満の人
日本国籍を有する人または永住許可を受けている人
資金交付後、すみやかにご融資対象である住宅に入居可能な人

 

また、ゆうちょ銀行のWEBサイトには記載されていませんが、フラット35には、総返済負担率(年収に占めるすべての借り入れの年間合計返済額の割合)が30%(年収400万円未満の場合)または35%(年収400万円以上の場合)という制限があります。

 

以前は建物の建設額や購入額に対して全額(100%)の融資が可能でしたが、平成24年4月以降は、建設額や購入額の90%が融資額の上限となりました。

 

保証人が必要ない点は、通常の「夢舞台」と変わりません。

 

団体信用生命保険については、原則として、機構団体信用生命保険へ加入しなければなりません。通常の「夢舞台」では、保険料は銀行側が支払いますが、フラット35では、保険料はローン申込者が毎年支払わなければならないので、注意が必要です。


フラット35選びのおすすめリンク

フラット35金利一覧!2017年3月の最安金利は?【銀行比較】
フラット35を借りるときには金利比較が絶対に必要です。金利一覧でしっかりと比較して今一番おすすめの銀行をご案内します!フラット35住宅ローン選びで損したくない方は必ず見るべきです!!
xn--35-9i4aua7d9fs40x1owg.skr.jp/


ゆうちょ銀行「夢舞台」フラット35とは?融資条件や特徴は?【買取型】関連ページ

基本プランは?
特別プランはどんなもの?
プラン別住宅ローン金利一覧表
必要な費用はどれくらい?
メリット・デメリットは?